bhへのご注文・お問い合わせはこちら 0120-664-997  美容・健康関連業務以外の事業者様、一般の方はこちら 
ログインはこちら 新規会員登録はこちら よくある質問はこちら カタログご注文はこちら ご利用ガイドはこちら
 カテゴリから探す  ブランドから探す  ランキングから探す

Prime Intervew 株式会社ゆらら COO 寺田昌之様



美容業界の経営トップに聞くプライムインタビュー

人気のブランド・商品はいかにして誕生したのか
経営トップにその裏側を語っていただきます

株式会社ゆらら
COO(Chief Operating Officer)
寺田昌之さん


男性エステティシャン、ボディメイクのトレーナーの先駆者的存在である寺田昌之さん。その高い技術力を評価され、数々の海外アーティストや有名モデルを担当するなど、常に結果を出してきた。現在は、「株式会社ゆらら」のCOOとして、粘膜吸収美容液 Palilis(パリリス)エッセンスセラムをはじめ、様々な美容商品をグローバルに展開している。優れたプロデュース力により、エステ業界にも数多くのヒット商品、メソッドを構築してきた。そんな寺田さんにエステティシャン時代から現在までを語っていただいた。



すべての女性に愛され、
美容文化として
確立できる製品づくりを


寺田昌之さんとPalilis(パリリス)の対談

斬新なアイデアでエステ業界に
新たなジャンルを構築


鈴木:寺田さんは、もともとはエステティシャンだったとか。

寺田:そうです。当時はまだ男性エステティシャンがいない時代でした。

鈴木:大変ではありませんでしたか。

寺田:女性は化粧品を使ってどう「綺麗になるか」が知りたい。男性はその化粧品を使うと「なぜ綺麗になるのか」という理論を追求していく。というところがあります。その男性特有の「なぜ」という部分を含めた説明ができるエステティシャンがいてもいいんじゃないかという気持ちでやっていました。

鈴木:当時、男性エステティシャンの先駆けとして、その珍しさもあり、TVなどへの出演依頼も多かったそうですね。また、メディカルエステの世界大会にも出場したとお聞きしました。

寺田:メディカルエステも一から勉強し、日本代表として世界大会に出場させて頂きました。それをきっかけに世界最大の医学会、A4M(米国アンチエイジング医学会)ジャパンの編集長にも任命して頂きました。

寺田昌之さんとPalilis(パリリス)の対談

鈴木:製品の開発に携わるようになったのはいつ頃からだったのでしょう。

寺田:15年ほど前ですね。独自製法のヒアルロン酸化粧品です。当時、ヒアルロン酸は化粧品に向かない、注射で使用するものという認識が一般的でしたが、ヒアルロン酸を低分子にしつつ保水力のある成分の開発に成功し、それをブランド化しました。クリニックやエステサロンを始めTVショッピングでも大ヒットしましたね。

鈴木:ヒアロジーですね。ビー・エイチでも人気のブランドです。ところで、今でこそエステではポピュラーになった、バストアップメニューも寺田さんが先駆けだとか。

寺田:もともと、女性の胸の脱毛で、胸が大きくなったとの話を聞いたがきっかけでした。調べてみると、脱毛のために照射した近赤外線が、バストの脂肪膜に当たることによって、脂肪が流れていくことで膨らんでいき、大きくなることがわかったんです。そこに着目し、もっとダイレクトにバストに作用するような波長を出す機械を製造して、バストアップ専門のエステサロンを開業しました。

寺田昌之さん
バストアップ専門のエステサロンを42店舗展開し、バストアップメニューを日本のエステに確立した。


鈴木:大ヒットしたそうですね。

寺田:そうですね。有名タレントをイメージキャラクターに起用して、全国に42店舗を展開しました。

鈴木:まさか女性の胸の悩みを解決するメニューを男性がつくっているとは思わないでしょうね。(笑)その成功を離れて新しい試みをしようと思ったのは、どんな経緯からなんですか。

寺田:エステ業界にバストアップというジャンルを確立出来、システムとしてある程度完成してしまったことですかね。そこを離れてからは、新しいものを求めて、とにかく世界中を飛び回りました。そして、そのひとつの答えがタイ東北部の「ルーイ」にあるハーブ園でした。

鈴木:確か、タイとラオスとミャンマーの国境付近にあるところですよね。

寺田:そうです。そのハーブ園は、標高2500mで、昼は40度近い暑さ、夜は10度くらいまで下がります。その厳しい環境下で栄養を蓄えようとして、強いハーブが育つのです。これは、質の良いハーブが入手できると思いすぐに、8000ヘクタール(東京ドーム1800個分)あるハーブ農園の運営権を買取りました。

タイのハーブ農園と寺田昌之
8000ヘクタール(東京ドーム1800個分)の広大なハーブ農園をタイに保有。このハーブ園により現地に雇用がもたらされ、犯罪が激減しタイの軍隊から感謝状が送られた。


鈴木:そこでは、どのような製品を作っているのですか。

寺田:現在その良質なハーブを活かして、様々な商品を開発しています。日本のエステで有名なところでは、バンテージをハーブで煮込んで、ミイラのようにぐるぐる巻にする、ミイラエステと呼ばれる施術メソッドもこのハーブを使い私と知人の企業とで企画したものです。

粘膜吸収美容液 Palilis(パリリス)エッセンスセラムは
私の集大成ともいえる商品

寺田昌之さんとPalilis(パリリス)の対談

鈴木:さて、いよいよ今話題の商品、粘膜吸収美容液 Palilis(パリリス)エッセンスセラム(以下、パリリス)について、お聞かせください。

寺田:パリリスは、7年前から企画していた製品です。膣ケア商品なのですが洗浄剤ではなく、膣から吸収させる美容液です。おそらく、膣から成分を吸収させる化粧品は世界では初めてだと思います。

鈴木:海外から流通をスタートさせたそうですね。

寺田:日本ではデリケートゾーンに対して一部ポジティブではないところもあり、アダルト商品として認知される可能性もあったので、まずはデリケートゾーンに対して比較的オープンな海外(フランス、ロシア、中国)から展開しました。

鈴木:海外での評価は如何ですか。

寺田:良いものは偏見無く、すぐに取り入れるという土壌もあり、お陰様で好評です。海外流通ではしっかりビジネスベースに乗せることが出来ました。

Palilis(パリリス)エッセンスセラムを持つ寺田昌之

鈴木:膣吸収というアイデアはどこからきたのでしょう。

寺田:実は「膣錠」というものがあって、成分をしっかりと吸収でき、しかも即効性があり且つ効果の持続性もあるという話を、あるドクターから聞いたのがきっかけです。それでは、膣粘膜から有効成分を吸収させてはどうかいという結論に至ったのです。

鈴木:確かに経皮吸収や経口摂取では僅かしか吸収できないと言われていますからね。

寺田:その通りです。ところで、鈴木さんは、熱冷ましなどで、座薬を使用したことはありますか。

鈴木:ありますよ。

寺田:座薬はすぐに効いたと思いますが、如何でしたか。

鈴木:そういえば、すぐに楽になった記憶があります。

寺田:それが粘膜から吸収することによる即効性の効果なのです。

鈴木:なるほど。いまの説明で納得しました。

寺田:その他、粘膜吸収のメリットとして、従来の化粧品のように、自分の肌に合う合わないなどを気にする必要はありません。ニキビ肌の方やトラブル肌の方なども気にせずに使用することができます。

Palilis(パリリス)エッセンスセラムを説明する寺田昌之

鈴木:成分はどのようなコンセプトで決められたのですか。

寺田:当然ながら人体に悪影響の無いものでなければなりません。天然成分にこだわり、いろいろな素材を試しました。そしてどのような成分を膣から吸収させると、よりよい効果が出るかを探りました。試行錯誤の日々でした。その結果、特殊加工したニンニクが最適と判断したのです。

鈴木:どのような加工技術なのでしょう。

寺田:本来発酵しないニンニクを発酵させる技術です。この技術は特許を申請中です。実は、この成分こそがパリリスの凄さなんです。ニンニクって臭いイメージがあるじゃないですか。あれは、ちょっとでも傷がつくと空気に触れた瞬間に硫黄化合物に変わってしまうために臭くなるんです。その硫黄化合物にならない状態で発酵させ、吸収率を高める成分として開発に成功したのがASBエッセンスと呼ばれるパリリスの主成分です。

鈴木:パリリスは、何歳くらいら使い始めると良いなど、ありますか。

寺田:30代前半くらいからが効果を実感しやすいようです。また40〜50代の方は、すぐに効果を実感できたという声をよく聞きます。加齢とともにサプリなどの吸収率も悪くなるので、今までの美容法で効果が実感しづらくなっている方には是非、お勧めしたいですね。

パリリス エッセンスセラムは、成分の吸収方法に着目した、
全く新しいコンセプトの化粧品

palilis(パリリス)エッセンスセラムの効果
経皮吸収の約90倍と言われる膣粘膜の吸収率により有効成分をムダなく、しっかりと届けることが出来るため、従来の化粧品や、サプリメントと比較して、成分の効果をダイレクトに体感出来る。


鈴木:使用するタイミングもあるのですか。

寺田:使用するタイミングは朝がお勧めです。カラダの中からじわーっと温かくなっていき、しっかり効果を得られます。その日、一日は、いつもと違う快適な日を過ごせると思います。就寝前でももちろん効果はありますが、その効いている感覚を感じて欲しいので是非、朝に試してみてください。初めての方だと驚くと思いますよ。

鈴木:パリリスの内容量は、1本1mlですが、この容量でも効果が見込めるのでしょうか。

寺田:粘膜の吸収率は経皮吸収の約90倍と非常に高いため、この容量でも十分なのです。また、粘膜吸収はサプリ等に比べ、非常にゆっくりと吸収されるため、一回のケアで効果が持続することも特徴です。

手のひらに乗せたpalilis(パリリス)エッセンスセラム
パリリス エッセンスセラムは、1回分1ml。粘膜は経皮吸収の約90倍と非常に吸収率が高いため、この容量でも必要十分である。


鈴木:使用するサイクルなどはありますか。

寺田:使用する人にもよりますが、10日に、一回のサイクルという方が多いですね。3本入りですので、1箱で1ヶ月分が標準的な使い方ですね。もちろん毎日使用していただいても問題ありませんし、実際に毎日使用している方もいらっしゃいます。

鈴木:パリリスは、ビー・エイチでも日に日に取り扱いサロン様が増えています。特にリピート率が高いですね。最後に本誌をご覧いただいているエステサロンの皆様に一言お願いします。

寺田:すべての女性に愛され、ひとつの美容文化として確立される製品を作りたかった。パリリスは、最後のライフワークとしても良いと思えるくらい思い入れの深い商品です。たくさんの有名なドクター達からも、この商品はすごい!画期的だと称賛いただき、大ヒットする事は間違いないと思っています。是非、一度お使い頂き、その効果をご自身で実感してください。





寺田昌之プロフィール写真

株式会社ゆらら
COO 寺田昌之さん

男性エステティシャン兼トレーナーとして美容業界にデビュー。高い技術力を評価され、数々の海外アーティストや有名モデルを担当。メディカルエステの世界大会では、日本代表として出場する。それを機に、A4M(米国アンチエイジング医学会)ジャパンの編集長も務める。さらに、化粧品ブランドのプロデュースや42店舗のサロン経営など多岐にわたり活躍。

現在は、タイに8000ヘクタールのハーブ農園を経営すると同時に、株式会社ゆららのCOOとして、美容業界に新たなパラダイムシフトを起こす可能性の高い商品Palilisエッセンスセラムをプロデュース。



株式会社ビー・エイチ取締役 鈴木伸也

聞き手
株式会社ビー・エイチ取締役 鈴木伸也




Palilis(パリリス) エッセンスセラム (店) 1ml×3本
粘膜吸収美容液 Palilis(パリリス)エッセンスセラム

注文番号/6510001
bh価格
bh価格をご覧になるにはログインしてください
    


PAGE TOP