ご注文合計金額が2,500円(税別)以上で送料無料
 bhへのご注文・お問い合わせはこちら 0120-664-997
美容・健康関連業務以外の事業者様、一般の方はこちら 
ログインはこちら 新規会員登録はこちら 
 
カテゴリから探す
 
ブランドから探す
 
ランキングから探す

コンビニ大手4,760店舗の税務顧問を担当!井上一生先生に聞くvol.01

コンビニ大手4,760店舗の税務顧問を担当!井上一生先生に聞く

長引く外出自粛などによるコロナ禍で、お店の経営に不安を持たれるサロン経営者も多いのではないでしょうか。今回は、税理士でありながら、自身でも幾つも事業を立ち上げてきた連続起業家の井上一生さんに、財務や資金調達について、プロフェッショナルならではのお話をうかがいました。



美容の現場をDX化して効率アップを

井上:これからの美容業界で経営者として勝ち残っていくためには、管理面から見てもデジタルの力を応用しなければなりません。DX化することが財務や資金対策にも繋がっていきます。

所田:DX化を進めていくには、具体的にどういったところから手をつけていくのが良いのでしょうか。

井上:まずは会計時のレジです。「軌道に乗ったら2店舗3店舗と、お店を広げていきたい」「いずれは自分のお店を誰かに任せたい」と考えている場合は、お店を自分以外のスタッフへ任せることになります。お金の受け取りに関しては全てレジを通して記録をする、と言う会社のルールを、自らもまたスタッフにもしっかりと根付かさなければいけません。合わせてクレジットカードやPayPayなどの電子決済を活用する場面も増えていきます。

所田:お客様自身も「スマホで決済できる方が楽」、「ポイントを増やしたい」という理由から、お店選びの段階でクレジットカードや電子決済が使えるかを条件としている方もいるので、サービスとしても押さえておきたいところです。

井上:レジもタブレット対応すれば持ち運びすることもできます。また、インターネットを通じてレジデータをクラウドで管理すれば店舗の状態をどこでも把握することができます。今は無料でクラウド会計システムを提供してくれるサービスもあります。

所田:クラウド会計システムを活用することによって、個別に対応していた経理関係をまとめて管理することができるということですね。

井上:銀行取引、経費精算、毎月の会計処理、この3つの情報に給与計算の情報、クレジットカードの情報など、全部クラウド上で集め、集まった会計情報を私たち会計事務所や経理書類代行会社に会計処理や対応をしてもらいます。
まずは経理関係を効率化すること。それを徹底することで、今後の売り上げ目標や資金繰り、そしてそれらの目標に対しての施策を考え、準備に注力することができます。

所田:目標を決めて毎月の売り上げを分析する習慣をつけることは経営をする上では大切なので、そういった環境をつくることから、ということですね。

井上:そのとおりです。弊社では、お店の経営状態がスピーディーにわかる「月次試算表」を作り、毎月その結果をオーナー様のスマホへ送る、といったサービスもしています。この情報はどうやったら必要な売り上げに達成するかを考えていく上で貴重な情報です。
また、コロナ禍ということもあり、現在では補助金や助成金を申請できるケースも多いため、そういった情報をキャッチし、活用していくことも重要なポイントです。

所田:現在、実際に受けられる補助金、助成金はどのようなものがありますか。

井上:色々な条件下により対象は異なってきましたが、代表的な一例を見ていきましょう。(左図参照)



所田:たくさんの支援がありますね。こういった補助金や助成金を活用するとどのようなメリットがありますか。

井上:家賃などに当ててお店を継続させたり、新しいメニューの導入資金に当てたりすることもできます。脱毛機器を購入して新しく脱毛のメニューを始めたり、技術スクールを受講し新しい手技を導入などすると、メニューを求めてニーズにあった新しい顧客を獲得することができ、売り上げアップへ繋がります。

所田:個人サロンなど一人でお店を運用しているサロンオーナー様は日々追われる業務で、補助金や助成金の情報をキャッチできずにいるのではないでしょうか。

井上:そういったことに悩まれている方もいらっしゃると思います。申請などの手続きに二の足を踏み、活用できていないケースもあるようです。私どもの企業理念として、「中小企業と中小企業を進める経営者の方々に持続可能な経営環境のご提供」を掲げており、税務申告、資金調達、社会保険や労務の課題として取り組んでいます。美容に携わるサロン経営者の皆様のお役にも立ちたいと考えています。





所田:経営の現場は様々なお悩みがあるため、悩んだ案件をそれぞれ別々の専門家に顧問契約する事は経済的に難しい…というのが実情です。「ビューティービジネスコンシェルジュ」としてサポート事業も行っているそうですね。

井上:私たちは「ビジネスコンシェルジュ」として日々巻き起こるお客様やスタッフとのトラブルや課題解決のお悩みについて、LINE等のSNSで情報をお寄せいただき、翌日以降にコンシェルジュから状況確認の連絡をし、専門家とお繋ぎします。エステサロンや美容室などの経営者様からのご相談も、弁護士、社会保険労務士、税理士、行政書士、労務コンサルタント、資金調達コンサルタント、経営コンサルタントなどの皆様の経営における課題を解決する専門家にお繋ぎしていきます。

所田:本日はどうもありがとうございました。